紫外線を避ければ笑いジワはできない?

 

 

「肌老化の80%は紫外線が原因」って聞いたことありませんか?

 

 

「肌が老けるのは、ほとんど紫外線が原因!」と言っているようなものですよね。

 

 

でも、じゃあ紫外線さえ避ければ笑いジワはできないのか?というと、そうでもないんですよね。

 

 

「何それ?矛盾してない?」と思うかもしれませんが、笑いジワは同じ表情を繰り返すことでできるシワなので、

 

 

紫外線だけに気をつけていればOK!というものでもないのです。

 

 

「シワ」と聞くと、肌が乾燥してるからだ!とか肌の張りがないからだ!とか思ってしまいますが、

 

笑いジワは、毎日のように同じ表情を繰り返すことで顔の筋肉に跡がつき、

 

 

肌にも跡(シワ)がついてしまうことが根本的な原因です。

 

 

シワだからといって、必ずしも肌だけに原因があるわけじゃないんですね。

 

 

(もちろん、年をとってから笑いジワが濃くなった人なんかは、肌の張りがなくなってきたことも原因ですけどね。)

 

 

 

 

笑いジワは紫外線が根本的な原因でできるのではないけど、紫外線によって悪化する可能性はある!という事ですね。

 

 

 

でも、だからといって、紫外線を全く浴びないというのも、体にはあんまり良くないんですよね。

 

 

「紫外線を徹底的に避ければ良いのね!」って、肌を完全に覆い隠している人とかたまにいますけど、、、

 

 

私たち人間は、紫外線を浴びることで皮膚からビタミンDを合成しますが、紫外線を全く浴びないとこれが出来なくなるんです。

 

 

ビタミンDってあんまり聞きなれない栄養素かもしれませんが、これが不足すると骨がもろくなったりうつにになりやすくなったりしてしまいます。

 

 

なので、紫外線には適度に当たったほうが良いんですね。

 

 

おすすめは、シワを作りたくない顔は徹底的にガードして、体はしっかり紫外線を浴びることです。(もちろん日焼け止めはちゃんと塗ってね)

 

 

皮膚でビタミンDは合成されますが、必ずしも顔じゃなくて良いので。

 

 

笑いジワをつくらないためには紫外線は避けたほうが良いが、全く当たらないのもNG

 

 

顔や首など、しわが気になる個所はさけて紫外線を浴びるようにしよう。というのが結論ですね。

 

 

もちろん、紫外線を浴びたあとはビタミンCをたっぷり摂ってアフターケアを忘れずにですよ。

 

 

バランスをとりながら、笑いジワをケアしていきましょう^^

 

笑いジワに効くスキンケア3 有効成分でスキンケア

 

 

笑いジワに効くスキンケアその3は…有効成分でスキンケアをする。です。

 

(有効成分とは、ここでは肌のコラーゲン生成を高める成分のことを指します)

 

笑いジワは、同じ表情(笑いジワの場合は笑顔)を繰り返すことでできてしまいますが、肌にしっかりとハリ・弾力があればそこまでシワが深くなることはありません。

 

なので、お肌の曲がり角(25歳)を過ぎても肌のハリをキープできるように、有効成分でスキンケアすることが大事なんです!

 

たとえば、レチノールやビタミンC誘導体、成長因子、ナイアシンなどですね。

 

これらの成分は、肌がコラーゲンを生み出しやすいようにサポートしてくれるので、曲がり角を過ぎた肌にもハリが復活し、笑いジワ解消につながってきます。

 

なんとなくで化粧品を選ぶのではなく、こういった有効成分が配合されたものできちんとお手入れを続けることが大事なんですね。

 

 

笑いジワ解消に効果的!各成分の特徴

 

笑いジワ解消にはレチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンなどの有効成分(肌のコラーゲン生成を促す成分)でケアするとよいとお話しましたね。

 

とくにレチノールは、より高い効果が望める成分です。

 

笑いジワに強力に効かせたいなら、レチノールをおすすめします。

 

ただ、効果が高いぶん刺激も強くなるので肌が弱い方にはおすすめできませんが。

 

肌が強くて、笑いジワにぜったい効かせたい!という方には最適ですね。

 

つぎに、ビタミンC誘導体についてですが、

 

ビタミンC誘導体は、レチノールと比べると効果は劣ります。笑いジワに強力に効かせる!というよりは、少しずつ少しずつ効かせていくという感じですね。

 

でも、刺激もレチノールよりは弱いので、肌が強くない人でも使えます。

 

さらに、ビタミンC誘導体には美白作用やにきび予防、シミ予防、毛穴を小さくする作用などなど、嬉しい美肌効果が盛りだくさんなんですよね。

 

個人的には、迷ったらビタミンC誘導体を配合している化粧品から使ってみるのがおすすめです。さっきも言ったけど、レチノールは刺激が強いしね。

 

つぎにナイアシンという成分についてですが、ナイアシンには肌のコラーゲン生成を促す作用があるので、笑いジワの解消にいい成分です。

 

ただ、効果がマイルドなので、肌が特別よわいという人にだけおすすめします。

 

肌がよわくて、化粧品を自由に使えない・・・という人はナイアシンが良いですが、そうでない場合はビタミンC誘導体やレチノールをおすすめしますよ。

 

せっかくケアするなら、効果を得たいしね。

 

以上、笑いジワケアに効くスキンケアその3についてでした^^

 

(参考:笑いジワ(笑った時のしわ)が気になる時は…しわ解消法を徹底解説より)

 

笑いジワに効くスキンケア2 たっぷりの保湿

 

笑いジワに効くスキンケアその2は「たっぷりの保湿」です。

「なんだ、保湿ならちゃんとしてるよ!」という声が聞こえてきそうですが…。

そういう人ほど要注意!

きちんと肌に浸透していなければ、「保湿したつもり」で終わってしまいます!

肌にしっかり潤いを浸透させるには、「浸透力の高い化粧品」でスキンケアすることが大事なんです。

私たちの肌には「バリア機能」という機能があるので、そう簡単にはうるおいが浸透しません。

なので、成分をナノ化するなどの工夫がされている化粧品でケアすることが大事になります!

美肌成分なんかをちっちゃいサイズにナノ化することで、肌の奥まで浸透しやすくなるのでしっかり潤うんですよね。

 

☆保湿のポイント:浸透力の高い化粧品で保湿する

もし成分がナノ化されてる化粧品がない場合は、ミストがおすすめです!

たとえば、細かい粒子のミスト。ドラッグストアとかで売っているアベ●ヌとかね。

粒子がすっごく細かいので、肌にしっかり浸透してうるおいます。

私はミストで保湿しだしてから、頬の毛穴が気にならなくなりました!

笑いジワとは関係ありませんが…。肌がしっかりうるおってるという事ですね!

ミストを化粧水として使うというわけではなく、化粧水の前に肌にうるおいが入りやすいようにするという感じでしょうか。

ミストをかけたら化粧水(できれば浸透力の高いもの)で保湿して、美容液、クリームも忘れずに!目元の笑いジワが気になる人はアイクリームもね。

今まで自己流で保湿ケアをしていた方は、ミストでのケア、試してみてください♪

外出先とかでもシュッシュッと出来て便利ですよ。

笑いジワをやっつけるために、ぷるぷるにうるおった肌をキープしていきましょう!

 

笑いジワに効果的なスキンケア1 ピーリング

 

笑いジワは、毎日同じ表情を繰り返すことが原因でできるシワです。

毎日クシャクシャの笑顔を繰り返すことで、肌に癖がついてしまうことが、表情ジワの一種である笑いジワ最大の原因です。

でも、だからといってスキンケアを怠って良いわけではありません。

20代半ば以上の人は、肌の張りがなくなってくると笑いジワが悪化してきてしまいますからね。

「お肌の曲がり角」と言われる25歳を過ぎたら、肌に張りを出すスキンケアも行っていかないといけないんです。

肌に張りがないと、笑いジワ、たるみ、毛穴などなど…肌が汚くなってきちゃいますからね!大変大変!

で、肌の張りを出すにはどうすれば良いのか?というと、まずピーリングですよね。

え?保湿じゃないの?と思いましたか?残念!(笑)

ピーリングとは、肌の表面に残っている余分な角質を落とすスキンケアのことをいいます。

肌をくるくるこすると、ぽろぽろカスが出てくるあれです!

毎日しっかり洗顔をしていても、取り切れない汚れってやっぱりあるんですよね。

細かいメイク汚れとかチリ汚れなんかが、古い角質とか皮脂と混ざって肌の上に残ってたり。

それをきれいさっぱり取り去るのがピーリングなんです。

ピーリングをすると肌の細胞が活性化されるので、コラーゲンが増えると言われています。

コラーゲンが増えるとふっくらとした張りが出るので、シワ・たるみの解消に効果的なんですよね。

うそでしょと思う人は、騙されたと思ってやってみてください。

 

(※肌が弱い人にはあまりおすすめできません。石鹸タイプのピーリング剤なら、肌に優しいです。)

 

最初は週に1回くらいからはじめて、様子をみましょう。

続けていくうちに肌の中にコラーゲンが増えてふっくらしてくるので、笑いジワのケアに最適ですよ。

何もしないでいるより、まずは試してみてくださいね♪

ピーリングを習慣にして、笑いジワの悩みをやっつけましょう!^^