紫外線を避ければ笑いジワはできない?

 

 

「肌老化の80%は紫外線が原因」って聞いたことありませんか?

 

 

「肌が老けるのは、ほとんど紫外線が原因!」と言っているようなものですよね。

 

 

でも、じゃあ紫外線さえ避ければ笑いジワはできないのか?というと、そうでもないんですよね。

 

 

「何それ?矛盾してない?」と思うかもしれませんが、笑いジワは同じ表情を繰り返すことでできるシワなので、

 

 

紫外線だけに気をつけていればOK!というものでもないのです。

 

 

「シワ」と聞くと、肌が乾燥してるからだ!とか肌の張りがないからだ!とか思ってしまいますが、

 

笑いジワは、毎日のように同じ表情を繰り返すことで顔の筋肉に跡がつき、

 

 

肌にも跡(シワ)がついてしまうことが根本的な原因です。

 

 

シワだからといって、必ずしも肌だけに原因があるわけじゃないんですね。

 

 

(もちろん、年をとってから笑いジワが濃くなった人なんかは、肌の張りがなくなってきたことも原因ですけどね。)

 

 

 

 

笑いジワは紫外線が根本的な原因でできるのではないけど、紫外線によって悪化する可能性はある!という事ですね。

 

 

 

でも、だからといって、紫外線を全く浴びないというのも、体にはあんまり良くないんですよね。

 

 

「紫外線を徹底的に避ければ良いのね!」って、肌を完全に覆い隠している人とかたまにいますけど、、、

 

 

私たち人間は、紫外線を浴びることで皮膚からビタミンDを合成しますが、紫外線を全く浴びないとこれが出来なくなるんです。

 

 

ビタミンDってあんまり聞きなれない栄養素かもしれませんが、これが不足すると骨がもろくなったりうつにになりやすくなったりしてしまいます。

 

 

なので、紫外線には適度に当たったほうが良いんですね。

 

 

おすすめは、シワを作りたくない顔は徹底的にガードして、体はしっかり紫外線を浴びることです。(もちろん日焼け止めはちゃんと塗ってね)

 

 

皮膚でビタミンDは合成されますが、必ずしも顔じゃなくて良いので。

 

 

笑いジワをつくらないためには紫外線は避けたほうが良いが、全く当たらないのもNG

 

 

顔や首など、しわが気になる個所はさけて紫外線を浴びるようにしよう。というのが結論ですね。

 

 

もちろん、紫外線を浴びたあとはビタミンCをたっぷり摂ってアフターケアを忘れずにですよ。

 

 

バランスをとりながら、笑いジワをケアしていきましょう^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です